スペイン語で「うるさい」の言い方5つ

日本語でよく使われるフレーズ「うるさい!」。これをスペイン語にしたらどうなるのでしょうか。日本語とは違った様々な言い回しがあるのでここで紹介します。

スポンサーリンク

1、ruidoso(a)

Mi vecino es muy ruidoso(a). 私の隣人はとてもうるさいです。

El barrio es muy ruidoso(a). その地区はとてもうるさいです。

ruidoso(a)は「うるさい」、「騒々しい」、「やかましい」などの意味を持ちます。騒音に関係するときに使うのがポイントです。

2、¡Cállate!

Cállate! (うるさいから)黙れ!

英語の「Shut up!」に相当する表現です。大声を出している人、ぶつぶつうるさい人に対して使えます。

直訳すると「うるさい」にはなりませんが、おそらく一番日本語の「うるさい」とニュアンスが似ているのがこれでしょう。

3、¡Habla más bajo!

¡Habla más bajo! Estás molestando a los demás  他の人の迷惑だから、もっと小さな声で話しなさい。

¿Puedes hablar un poco más bajo? もう少し小さな声で話してもらえますか?

声が大きい人に対して使う「うるさい」です。「黙れ」よりはまだ丁寧な言い方になり、響きも軽くなります。hablar alto/bajoで「大声/小声で話す」という表現になります。

4、¡No me molestes!

¡No me molestes!   Tú eres muy pesado. イライラさせるよな!お前は本当にしつこいな。

「イライラさせるな」、「邪魔するな」といったニュアンスを含む言葉です。使い方によっては日本語の「うるさい」のようにも聞こえなくもないです。

5、¡Silencio!

¡Silencio por favor! 静粛にしてください!

「うるさいですよ」といったニュアンスで大勢の人たちに向かって使う言葉です。学校などでもよく使われます。

Silencio は「静か」、「沈黙」などを意味する名詞です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう