スペイン語で「ごめんなさい」の7つの言い方

perdon

今日はスペイン語での謝罪の仕方を学んでいきましょう。謝罪と一言でいっても、軽い謝罪から、シリアスな謝罪、あるいはフォーマルな謝罪と状況によって使い分けないと、聞いている人からするとおかしな感じがします。

例えばちょっとぶつかっただけの人に「謝罪申し上げます」などと堅苦しい表現をするのは適切とはいえません。そんなことを踏まえたうえで、スペイン語の7つの「ごめんなさい」を見ていきましょう。

スポンサーリンク

スペイン語の謝罪文

1.Perdón (ペルドン) すみません。

ちょっとしたことに対する、軽い謝罪です。Perdoname(ペルドナメ)と言うこともあります。

2.Disculpa (ディスクルパ) すいません。

1.と同等の謝罪です。

3.Lo siento (ロ・シエント)  ごめんなさい。

直訳すると、「それを感じています」となりますが、真剣に謝るときに使う文です。また、場合によっては「残念です」といった意味でも使われます。

4.Lo siento por lo que pasó.  (ロ・シエント・ポル・ロ・ケ・パソー) あの出来事についてはごめんなさい。

具体的な謝罪の理由を上げたフレーズです。

5.Lo lamento. (ロ・ラメント)  申し上げございません。

新聞、政治などで使われるフォーマルな言い方です。場合によっては「残念です」といった意味でも使われます。

6. Mil disculpas. (ミル・ディスクルパス) 本当にごめんなさい。

直訳すると「千回の謝罪」となりますが、強い謝意を相手に伝えるためにいうフレーズです。

7.Es culpa mía. (エス・クルパ・ミーア) 私のせいです。

自分の責任を認めるときに使うフレーズです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう