スペイン語で優しく「おやすみなさい」を言う5つの方法

bebe-durmiendo

スペイン語で「おやすみなさい」はなんて言うか知っていますか。大半の人が「buenas noches」と答えるでしょう。もちろんそれは間違っていません。

ただ、ほかにも優しく、そしてスイートに「おやすみなさい」という言い方がいくつかあります。知らない人はこの機会にぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

スペイン語の「おやすみなさい」のフレーズまとめ

1、! Buenas noches!  (ブエナス・ノチェス) おやすみなさい

一番スタンダードな言い方です。忘れてはいけないのが、「buenas noches」は夕方、夜に誰かに会ったときと、別れるときの両方のシチュエーションに使えます。

2、¡Que descanses! (ケ・デスカンセス)  ゆっくり休んで。

相手と別れるときに使うフレーズです。

3、¡Que duermas bien!  (ケ・・ドゥエルマス・ビエン) いい睡眠を! (おやすみなさい)

寝ようとしている相手に言うフレーズです。

4、¡Dulces sueños! (ドゥルセス・スエーニョス)  スイートドリーム!! (スイートな夢を!!)

小さな子供や恋人などに使うフレーズです。

5、Que sueñes con angelitos!  (ケ・スエーニョス・コン・アンヘリートス) 天使の夢を見てね。(いい夢を見てね)

小さな子供や恋人などに使うフレーズです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう