アルゼンチンでよく使われるスペイン語のフレーズ

Argentina tourism destinations

スペイン語はその国によって使う単語やフレーズに多様性があります。なんの変哲もない表現でもスペインではスペインの言い方、メキシコではメキシコの言い方があったりして、同じスペイン語圏の人同士でも通じないことが多々あります。そのため本当の意味でスペイン語をマスターするにはやはりあちこちを旅行するのがいいかもしれません。そこで今日はアルゼンチンにフォーカスを当て、現地でよく使われるスペイン語のフレーズをまとめてみました。



スポンサーリンク



1、Che (チェー) おい/ねえ/ちょっと

相手を呼ぶときにアルゼンチン人が使う独特の言い方です。キューバの英雄「チェ・ゲバラ」はアルゼンチン出身のため、この言葉をよく使っていたことから周囲の人から「チェ・ゲバラ(本名はエルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ)」と呼ばれるようになったそうです。

2、Vos (ボス) あなた

スペイン語の人称代名詞は国によって全然違う」でも紹介したようにアルゼンチンやウルグアイのスペイン語は、人称代名詞の二人称単数形に「tú」ではなく「vos」を使います。

3、 ¿Cómo andás? (コモ・アンダス) 元気?

アルゼンチンでは「¿Cómo estás? (コモ・エスタス)」より「¿Cómo andás? (コモ・アンダス)」が一般的です。

4、Yo me llamo….  (ショー・メ・シャーモ) 私の名前は、、、

アルゼンチンでは「y」と「ll」を「シャ、シュ、ショ」と発音するのが特徴です。

5、boludo (ボルード)  馬鹿野郎/この野郎

もともとは男性器を指す言葉ですが、「バカ」、「クソ」など罵り言葉として使われます。また仲の良い友達同士では相手を呼ぶときに使われたりもします。

6、 ¡Qué copado! (ケ・コパード) かっこいい/楽しい/いいねえ

「なんて最高なんだ」といった意味合いがあります。

7、 ¡Qué quilombo! (ケ・キロンボ) 滅茶苦茶/混乱/なんてことだ

無秩序な状況を表すときに使われます。

8、pibe (ピベ) 男の子/少年

「chico」に相当する言葉です。「muchacho ムチャーチョ」とも言います。

9、 mina (ミーナ) 女の子/少女

「chica」に相当する言葉です。「muchacha ムチャーチャ」とも言います。

10、Estoy al pedo.  (エストイ・アル・ペド) なにもやることがない/暇でしょうがない/なにもできない/役に立たない

色々な状況で使われるフレーズです。