スペイン語の人称代名詞は国によって全然違う pronombre

pronomes

スペイン語の人称代名詞(主格)は実は国によって様々な形に変化します。「私」、「あなた」などの言い方がその国や地域によって違ってくるというのも、スペイン語がそれだけ多様性に富んだ言語であるからです。日本語でもまた、「あなた」という言い方が地方によっては「あんた」になったりしますが、それと同じことがスペイン語でも起きるのです。では一体どんな違いがあるのか見ていきましょう。



スポンサーリンク


スペイン語の人称代名詞(主格)の種類

スペインの人称代名詞(主格)

yo 私(一人称単数)

tú/usted あなた(二人称単数)

él/ella 彼/彼女(三人称単数)

nosotros/nosotras 私たち(男性)/私たち(女性)(一人称複数)

vosotros/vosotras あなたたち(男性)/あなたたち(女性)(二人称複数)

ellos/ellas/ustedes(三人称複数)

スペインの特徴は「あなたたち」というときに「vosotros」を使うことです。動詞の活用も「vosotros」専用の活用になるので注意しましょう。

例:¿A donde vais vosotros?   あなたたちはどこに行くんですか?

中米・カリブ諸国の人称代名詞(主格)

yo 私(一人称単数)

tú/usted あなた(二人称単数)

él/ella 彼/彼女(三人称単数)

nosotros/nosotras 私たち(男性)/私たち(女性)(一人称複数)

ellos/ellas/ustedes(三人称複数)

中米・カリブ諸国などでは「vosotros」を使うことはほとんどありません。

アルゼンチン&ウルグアイの人称代名詞(主格)

yo (一人称単数)

vos/usted あなた(二人称単数)

él/ella 彼/彼女(三人称単数)

nosotros/nosotras 私たち(男性)/私たち(女性)(一人称複数)

ellos/ellas/ustedes(三人称複数)

アルゼンチンやウルグアイでは「tu」の代わりに「vos」を使います。動詞も活用もまた「vos」専用の活用になるので注意しましょう。

例:¿ Vos sos argentino? あなたはアルゼンチン人ですか。