世界一貧しい大統領ホセ・ムヒカの名言をスペイン語で理解する

jose-mujica

就任中も質素に暮らすことを貫き、「世界一貧しい大統領」として有名になったホセ・ムヒカ。ぺぺの愛称で親しまれる彼は一体どんな名言、名スピーチを世界に伝えたのでしょうか。

1、”No soy pobre, soy sobrio, liviano de equipaje, vivir con lo justo para que las cosas no me roben la libertad”.

私は貧しいのではない、質素で軽い荷物を持ち、物に自由を奪われないために必要最小限で生きているだけだ。

sobrioは「地味な」、「質素な」といった意味になります。

livianoは「軽い」、「簡単な」という意味の形容詞です。

2、”La única adicción saludable es la del amor”.

唯一の健康的な中毒は愛だけだ。

adicciónは、麻薬、アルコール、お酒などの中毒性のあるものを指します。

3、”El matrimonio gay es más viejo que el mundo. Tuvimos a Julio César, Alejandro el Grande. Dicen que es moderno y es más antiguo que todos nosotros. Es una realidad objetiva. Existe. No legalizarlo sería torturar a las personas inútilmente”.

同性愛者同士の結婚は世界よりも古い歴史がある。ガイウス・ユリウス・カエサルやアレクサンドロス3世だってそうだった。近代的だと言われているけれど、私たちよりもずっと古いんだ。それは客観性のある現実であり、存在するものだ。合法化しないことは、人々は無駄に拷問することと同じだ。

注・ガイウス・ユリウス・カエサルは紀元前100年頃共和政ローマ期の政治家。 アレクサンドロス3世は紀元前336年のアルゲアス朝マケドニア王国の国王。

4、 “Somos medio atorrantes, no nos gusta tanto trabajar. Nadie se muere por exceso de trabajo, pero no es un país corrupto, somos un país decente”.

我々は少し怠け者だ。それほど働くのが好きではなく、誰も働きすぎて死んだりはしない。でも汚職まみれの国ではないし、まともな国だ。

atorranteはこの場合「怠け者」や「働くのが嫌いな人」を指します。

5、”Me comí 14 años en cana. La noche que me ponían un colchón me sentía confortable, aprendí que si no puedes ser feliz con pocas cosas no vas a ser feliz con muchas cosas. La soledad de la prisión me hizo valorar muchas cosas”.

私は14年間も投獄された。マットレスで寝られる夜は快適だった。(そのとき)少ない物でも幸せになれなければ、たくさんの物を持っても幸せになれないことを覚えた。刑務所での孤独があったからこそ多くのことに感謝できるようになった。

comerse 14 añosはこの場合、「14年無駄に費やした」、「14年辛抱させられた」といったニュアンスになります。

valorarは「価値を見出す」、「感謝する」といった意味になります。

6、”¿Qué es lo que le llama la atención al mundo? ¿Qué vivo con poca cosa, una casa simple, que ando en un autito viejo, esas son las novedades? Entonces este mundo está loco porque le sorprende lo normal”.

(私の)なにが世界の注意を引くのだろうか? 少ない物で生活し、質素な家に住み、古い車で移動する、そんなことが目新しいことなのか? そうだとしたら世界は狂っている。なぜならごく普通のことに驚かされているからだ。

llamar la atención a alguienで「誰々の注意を引く」というフレーズになります。

7、 “Sí, yo estoy cansado, pero esto no para hasta el día que me lleven en un cajón o cuando sea un viejo lelo”.

うん、私は疲れているよ。でもこれ(仕事)は棺おけで運ばれるまで、あるいは馬鹿な老人になるまで終わらないんだ。

leloは「馬鹿な」、「おろかな」、「間抜けな」といった意味になります。

8、”No voy a ser un viejo jubilado que se pone en un rincón a escribir las memorias. Yo no voy a escribir nada, no tengo tiempo, tengo cosas para hacer”.

私は、隠居して思い出を書くようなリタイアした老人にはならない。私は何も書きはしない。そんな時間がないし、たくさんやることがあるからね。

viejo jubiladoは「退職した老人」を意味します。

9、”(Los políticos) tenemos que vivir como vive la mayoría y no como vive la minoría”.

我々(政治家たち)は大部分の(貧しい)人々のような生活をしないといけない。少数の(お金持ちの)人々のような生活ではだめだ。

mayoríaは「マジョリティー」、minoríaは「マイノリティー」を指します。

10、”La política es la lucha por la felicidad de todos”.

政治は全ての人々の幸せのための戦いだ。

luchaは「争い」、「戦い」を意味します。

11、”El ser humano necesita creer en algo; cuando no se cree en nada, se vive solo para uno, para el egoísmo”.

人類は何かを信じないといけない。何も信じないと、独りで自分のためだけに、エゴのためだけに生きることになる。

El ser humanoは「人類」、「人間」を意味します。

egoísmoは「エゴイズム」を意味する名詞です。

12、”Libertad es tener tiempo para vivir lo que nos motiva”.

自由とは、(モチベーションを与えてくれる)好きなことで生きるための時間を持つことだ。

motivarは「モチベーションを与える」、「動機づける」という意味の動詞です。

13、”Si tú quieres cambiar no puedes seguir haciendo lo mismo”.

もし(何かを)変えたければ、同じことをやっていてはだめだ。

hacer lo mismoで「同じことをやる」というフレーズになります。

14、”Hay que tener el coraje de mirar a la realidad”.

現実を見つめる勇気を持たないといけない。

tener coraje de +動詞で「~をする勇気を持つ」という表現になります。

15、“Pobres no son los que tienen poco. Son los que quieren mucho.

貧乏とは物をあまり持っていない人のことではなく、物をたくさん持ちたがる人のことだ。

los que ~で「~の人」という表現ができます。

16、1. “Si tuviera muchas cosas tendría que ocuparme de ellas. La verdadera libertad está en consumir poco”

たくさんの物を持つと、それらの物に自分を奪われることになる。本当の自由とは消費を少なくすることだ。

ocuparse de algo(alguien)で「~の責任を持つ」、「~の面倒を見る」、「~のケアをする」といったニュアンスになります。

17、 “Quizá esté equivocado, porque yo me equivoco mucho; pero lo digo como lo pienso”

もしかすると私は間違っているかもしれない。なぜなら私はよく間違えるからだ。でも自分が考えるように(物事を)言うようにしている。

equivocarseで「間違いを犯す」という動詞になります。

18、“Hemos nacido sólo para consumir y consumir y cuando no podemos, cargamos con la frustración, la pobreza y hasta la automarginación y autoexclusión”

我々は消費を繰り返すために生まれてきた。そしてそれができないとき、フラストレーションや貧困を抱えるだけでなく、自己の過小評価や疎外化をするようになる。

automarginaciónは「自分自身を社会的に排斥する」といった意味になります。

autoexclusiónは「自分自身を外に追いやる」というニュアンスになります。

19、“La política no es un pasatiempo, no es una profesión para vivir de ella, es una pasión con el sueño de intentar construir un futuro social mejor; a los que les gusta la plata, bien lejos de la política”

政治は趣味ではないし、それで生活するための職業でもない。よりより社会の未来を建設する夢を含む情熱なんだ。お金が好きな人は政治からかけ離れている。

pasatiempoは「趣味」や「暇つぶし」を意味します。

20、 “Vivir mejor no es sólo tener más, sino que es ser más feliz”

生活を向上させるということは、より多くの物を持つということではなく、より幸せになるということだ。

vivir mejorで「よりよい生活を送る」というフレーズになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう