スペイン語の「美味しい」の言い方色々 味&食事にまつわる表現集

comida

食事のときに「おいしい」、あるいは「まずい」などの感想はついつい言いたくなるもの。また、誰かの家に招待されて食事を食べさせてもらったときは、それに対して「ごちそうさま」的な感謝の気持ちを表現したくもなるでしょう。そんなときに使えるスペイン語の便利なフレーズをまとめておきました。



スポンサーリンク


味、食事にまつわるスペイン語の単語%表現

1、おいしい

rico(a) リコ

bueno(a) ブエノ

delicioso(a) デリシオーソ

例:Esta hamburguesa está muy rica.(エスタ・アンブルゲーサ・エスタ・ムイ・リカ)  このハンバーガーはとても美味しい。

例:¡Qué buena está la cerveza !  (ケ・ブエナ・エスタ・ラ・セルベーサ)なんて上手いビールだろうか。

例:El prato estaba delicioso. (エル・プラート・エスターバ・デリシオーソ) (その)料理は美味しかった。

rico(a)、bueno(a)、delicioso(a)のいずれも「美味しい」という意味になります。

2、不味い

malo(a)(マロ/マラ)

sabe mal(サーベ・マル)

desagradable (デスアグラダーブレ)

例: Está muy malo(a). 不味い

例:Este prato sabe muy mal. (エステ・プラート・サーベ・ムイ・マル)この料理はとてもまずい味がする

例:¿Por que la comida mexicana es tan desagradable? (ポルケ・ラ・コミーダ・メヒカーナ・エス・タン・デスアグラダーブレ)

なぜメキシコ料理ってこんなに不味い(不快)のですか。

desagradableは「不快な味である」といった意味が含まれています。

2、味にまつわる単語&表現

スペイン語 発音 意味
agrio アグリオ 酸っぱい
amargo アマルゴ にがい
cena セナ 夕食
desayuno デサジューノ 朝食
almuerzo アルムエルソ 昼食
dulce ドゥルセ 甘い
salado サラード しょっぱい
picante ピカンテ 辛い

味を聞く

A: ¿A qué sabe? (ア・ケ・サーベ?) どんな味がするの?

B: Sabe a sal. (サーベ・ア・サル) 塩の味がする。

この場合動詞の「saber」は、「~の味がする」という意味です。

~すぎる

Está demasiado dulce.  (エスタ・デマスィアード・ドゥルセ) 甘すぎる。

Está demasiado picante. (エスタ・デマスィアード・ピカンテ)辛すぎる。

3、ごちそうさま。

Gracias por la comida. (グラシアス・ポル・ラ・コミーダ)

Agradezco por la comida.(アグラデスコ・ポル・ラ・コミーダ)

日本的な「ごちそうさま」とは多少違いますが、映画などではよくこのように訳されたりします。本来の意味は「食事を与えてくれてありがとう」といった感謝の言葉になります。ちなみにスペイン語では日本語の「いただきます」にあたる言葉はありませんが、食べる前にお祈りをしながら、「食事を与えてくれてありがとう」と言ったりすることはあります。