スペイン語の敬称の使い方を徹底解説

英語に「Mr」や「Miss」といった敬称があるようにスペイン語にも目上の人やお客様に使う敬称があります。英語とは使い方も微妙に違うのでぜひ覚えておきましょう。

名前の前に付ける敬称のことをスペイン語では「títulos personales」、または「títulos de tratamiento」と言ったりします。

スポンサーリンク

1、señor, señora, señorita

Buenos días, señor, ¿en qué le puedo ayudar? おはようございます、ミスター。なにかお手伝いできることはありますか。

¿Cómo está, señora? お元気ですか、ミセス。

・お客さん、上司、権威のある人、高齢者などに使う敬称です。

¿A donde vas señorita? お嬢さん、どこに行くんですか。

・若い女性に対して用いられる呼称です。年下であっても丁寧に、あるいは紳士的に振舞うために「señorita」を使うこともあります。

・いずれも敬称だけを使うことができるので、名前の知らない人に対して使うときに便利です。

2、señor, señora, señorita+苗字

Sr. Rodríguez, siéntese por favor. ロドリゲスさん、どうか座ってください。

A Sra Pérez le gusta practicar deportes. ペレス夫人はスポーツをするのは好きです。

・señor, señoraを省略して「Sr.」 「Sra.」と表記することができます。敬称の後には基本的に名前ではなく苗字が来るのが一般的です。名前を含める場合はフルネームで呼ぶのがいいでしょう。

¡Señora Juana Campos!  フアナ・カンポスさん!

3、don, doña

don Rodrigo ロドリゴさん(様)

doña Patricia パトリシアさん(様)

・大昔から目上の人に使われる敬称で、señor, señoraの代用として使われることが多いです。位、地位、権威の高い人や高齢者に使います。名前と一緒に使うのが一般的です。

don Rodrigo González

doña Marta Sánchez

・名前と苗字の両方使うとさらにフォーマルな敬称になります。

Oiga, don, ¿qué hora es? 

・señor, señora, señoritaと違ってdonやdoñaだけで使うことはできません。

doña Sánchez 

donやdoñaは苗字だけと一緒に使うことも一般的ではありません。必ず名前が入るのが普通です。

4、doctor, doctora

doctor Pablo Candela

doctora Amanda

博士、教授、専門家などを呼ぶときに使われる敬称です。「Dr.」、「Dra.」と略して書くこともできます。アカデミックな職業の人によく使われます。場合によっては博士号を持っていない人や専門家でなくてもseñor, señoraの代用として敬意を表すときに使うことがあります。

doctor, doctoraは名前だけ、あるいはフルネームと一緒に使うのが一般的です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう