スペイン語の「ありがとう」と「どういたしまして」の表現

この記事は 約2 分で読めます。

GRACIAS

今日は、スペイン語の基本中の基本ともいえる「ありがとう」と「どういたしまして」の表現を覚えましょう。単に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるのにもいくつかの方法があります。これを覚えてスペイン語の勉強の第一歩を踏み出しましょう。

スペイン語のありがとうの表現

1、Gracias(グラスィアス)

「ありがとう」

最も一般的で、よく使われる言葉です。

2、Muchas gracias.(ムチャス・グラスィアス)

「本当にありがとう」

muchasと複数形になるので注意。強い感謝の気持ちを表すときに使います。

3、Muchísimas gracias.(ムチッシマス・グラスィアス)

「本当にありがとうございます」

さらに強い感謝の気持ちを表すときに使います。

4、Mil gracias!(ミル・グラスィアス)

「本当にありがとうございます」

たくさんのありがとう、というニュアンスがあり、手紙などでよく使います。

5、Estoy agradecido.(エストイ・アグラデシード)

「感謝しています」

動詞「agradecer」には「感謝する」という意味があります。

スペイン語のどういたしましての表現

1、De nada.(デ・ナーダ)

「どういたしまして」

「gracias」に対する返答として最も使われる表現です。

2、Por nada.(ポル・ナーダ)

「どういたしまして」

国によっては「De nada」の代わりに「Por nada」を使うこともあります。

3、No hay de que.(ノー・アイ・デ・ケ)

「いいえ、ぜんぜん」

そんな(感謝の)必要はありませんよ、という意味で使います。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フレーズ
カステジャーノる.com