1分で分かるスペインと中南米のスペイン語の違い

この記事は 約3 分で読めます。

spanish_southamerica

スペイン語は多様性のある言語で、多くの国で話されている一方でそれぞれに特徴があります。

日本のような小さな国ですら各地に方言があるように、広大なスペイン語圏にも方言はもちろん、基本的な話し方や単語にも大きな違いがあります。では一体実際どのような違いがあるのでしょうか。簡単にまとめてみました。

スペインと中南米のスペイン語の違い

1、人称代名詞

スペインでは人称代名詞の2人称単数に「tú」を使いますが、アルゼンチンやウルグアイなどは「vos」を使います。場所によっては「tú」よりも3人称単数の「usted」を使うところもあります。

また、スペインでは3人称複数は「vosotros」を使いますが、中南米では「ustedes」を使うのが一般的です。詳しくは「スペイン語の人称代名詞は国によって全然違う」で説明しています。

2、文法

スペインと中南米の文法の一番の違いは過去形にあります。スペインでは現在完了(préterito perfecto compuesto)が多く使われるのに対し、中南米ではほとんど使われません。

例 Esta mañana  no he comido nada. 今朝私は何も食べてない。 (スペイン)

例 Esta mañana  no comi nada. 今朝私は何も食べてない。(中南米)

3、ボキャブラリー

同じ意味の単語でもその国によって言い方が変わります。同じスペイン語圏の人々でも通じないことも多々あります。

例 patata じゃがいも (スペイン)

例 papa じゃがいも (中南米)

例 zumo  ジュース (スペイン)

例   jugo ジュース (スペイン)

4、発音

スペインでは母音「e」と「i」に後に来る「c」は英語の「th」の発音のように下を軽く噛むようにして音を出すのが特徴です。スペインでは「z」の発音も同じ音になります。中南米ではこういった発音はせず、「c」も「s」も全て「s」の発音と同じ扱いになっています。

例  gracias  ありがとう (スペイン)

例  gracias  ありがとう (中南米)

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
文法
カステジャーノる.com