スペイン語のオシャレな「こんにちは」の言い方

この記事は 約2 分で読めます。

waving-lady

今すぐ使えるスペイン語の挨拶(あいさつ)色々」でも紹介しましたがスペイン語でも挨拶は基本中の基本。人とコミュニケーションを取るための最初の一歩となる挨拶でつまづくと、その先が思いやられてしまいます。

様々な挨拶の中でやはり最も使われるのは「こんにちは」じゃないでしょうか。特に日本語と違ってスペイン語の「こんにちは」は時間を問わず一日中使える表現があります。また、その表現はスペイン語圏の国によっても違いがあり、その土地特有の挨拶があるので注意が必要です。ではどんな「こんにちは」があるのか詳しく見ていきましょう。

1、Hola (オーラ)

「こんにちは」

一番オーソドックスな表現です。スペイン語圏ならどこでも使えます。

2、Buenas (ブエナス)

「こんにちは」

Buenas tardesやBuenas nochesを短縮して「Buenas」とだけ言うことができます。人によっては午前中に使うことあります。ただ、とてもカジュアルな言い方なので使う相手に注意しましょう。

3、Epa chamo (エーパ・チャーモ)

「よお」

ベネズエラで使われる若者の挨拶です。「chamo」は男性を、「chama」は女性に対して使われます。

4、¿Qué hay? (ケ・アイ)

「調子どう?」

英語でいう「what’s up?」に相当するカジュアルな挨拶です。

5、¿Qué onda? (ケ・オンダ)

「調子どう?」

同じく「what’s up?」に相当するカジュアルな挨拶です。メキシコでよく使われます。

6、¿Qué hubo?(ケ・ウーボ)

「調子どう?」

コロンビアなどで使われる挨拶です。省略して「Quibo」などと書くこともあります。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スラング
カステジャーノる.com