日本人が必ずつまずくスペイン語の発音

pronuncia

スペイン語には日本語にない音がいくつかあります。特にスペイン語らしい発音といえばやはり頭文字の「r」と「rr」の音だと思います。この場合、正しい音を出すには巻き舌にするのが特徴で、案外できない人も少なくないです。では実際にネイティブの発音を聞いて覚えていきましょう。

スポンサーリンク

スペイン語の発音

「r」の発音

頭文字の「r」と「r」が2つ続いた場合には巻き舌の強い「ロ」の音になります。


ropa 服


perro 犬

まずは下を口の中で震わせて、上下に細かく振動するような練習をしてみましょう。その次にその感覚を覚えたままで、「ra」「ri」「ru」「re」「ro」を発音してみるといいでしょう。

「j」の発音


viejo 古い、年老いた


Jorge ホルヘ(人名)
カタカナ読みではなく、喉に痰がからんだような音を出すのが特徴です。

「l」の発音


leche 牛乳、ミルク


limon レモン

él 彼

一番初歩的で、一番間違いやすのがこの「l」の発音です。「la」「li」「 lu」「 le」「 lo」をラ、リ、ル、レ、ロとカタガナ読みせずに、必ず舌を上の歯茎の天井に当てるように心がけて発音しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう