スペイン語のsaberとconocerの違い知ってる?分かりやすく説明するよ

日本人を含め、外国人にとって紛らわしいスペイン語の表現といえば「saber」と「conocer」じゃないでしょうか。そこで様々な用例と共に両者の違いを説明していきます。

スポンサーリンク

スペイン語のsaberの意味

  • 知っている
  • 情報を持っている
  • 事実として分かっている
  • することができる/能力がある

スペイン語の「saber」は、主に情報、能力に基づいた「知る」に対して使われます。

1、¿Sabes dónde está la biblioteca? 図書館がどこにあるか知っていますか?

2、nadie sabe  que va a pasar mañana. 誰にも明日何が起こるかは分からない

この場合は情報を持っている、事実として分かる、という意味の「知る」になります。

3、Maria no sabe nada de inglés. マリアは英語がまるで話せない。

この場合は、能力についての「知る」になります。

4、Mi madre sabe cocinar muy bien. 母は料理がとても上手だ。

saber+動詞で、「~することができる」、「~する能力がある」という意味になります。

スペイン語のconecerの意味

  • 経験として知っている/理解している
  • 会ったことがある/面識がある
  • 行ったことがある/場所について知っている

1、Yo te conozco muy bien.  私はあなたことをよく知っている。

相手の人柄を理解している、中身を知っている、というニュアンスになります。

2、Conocí a mi esposa en una fiesta. 妻とはパーティーで知り合いました。

過去形にすると、知り合った、という意味でも仕えます。

3、Ella conoce bien la ciudad.  彼女はその町のことをよく知っている

町を歩いた経験がある、その町について見識があるという意味を含んだ「知る」になります。

4、¿Quieres conocer Japón?  日本に行ってみたいですか?

場所、地域、国などを指すときはconocerは日本語の「行く」のニュアンスでも使われます。

スペイン語のsaberとconocerの使い分け

No conozco la capital de Brasil. 私はブラジルの首都には行ったことがありません。

ここでは経験を意味する「conocer」が使われているので、その場所に行ったことないというニュアンスになります。

No sé cuál es la capital de Brasil. 私はどの都市がブラジルの首都なのかを知りません。

ここでは「saber」が使われているので、情報として、知識として知らない、というニュアンスになります。

まとめ

saberは「情報を持っている」、「事実を知っている」、「能力がある」という場合に使われます。

conocerは人、場所、物事などについて「面識がある」、「経験がある」、「行ったことがある」といった場合に使われます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう