スペイン語の発音「LL」と「Y」の違いってなに?

lly

スペイン語を勉強していくと、様々な疑問を抱くと思いますが、多くのスペイン語学習者が抱く疑問のひとつに発音の問題があります。特に「LL」と「Y」の違いは何かということにしっくりこない人がいるようです。今日はこの二つの発音を掘り下げていきましょう。



スポンサーリンク


スペイン語の「LL」と「Y」の発音

読み方

1、 「LL」

まず、「L」が二つつながった綴り「LL」は「ドブレ・エレ」、あるいは「エジェ」と呼ばれる文字です。二つ呼び方があるのは国や地方によって呼び方が変わってくるからです。

2、「Y」

「Y」は「イグリエガ」、あるいは「ジェ」と呼ばれる文字です。これにも二つ呼び方があります。ちなみにスペイン語学の権威であり、スペインの国立言語アカデミーであるレアル・アカデミア・エスパニョーラは「ジェ」と読むことを推奨しています。ただし、「イグリエガ」と発音する人も大勢います。

 LLの発音

例: pollo チキン/鶏

1、pollo (ポーイオ) =poio]
注・「ll」が「i」に置き換えられる場合です。中米などで使われる発音です。

2、pollo(ポージョ)=pojo]
注・「ll」が英語の「j」に近い音に置き換えられる場合です。英語の「jeans ジーンズ」の「j」と似ている音です。

3、pollo(ポーリォ)=polio]
注・「ll」が「l」と「j」、あるいは「i」を混ぜたような音に置き換えられる場合です。

4、pollo(ポーショ)=posho]
注・「ll」が「sh」の音に置き換えられる場合です。アルゼンチンやウルグアイでよく使われる発音です。

この中で最も一般的なのは「2」のpollo(ポージョ)=pojo]です。

特に頭文字が「ll」で始まる単語は、「ジャ」、「ジュ」、「ジョ」に近い発音のほうが発音しやすいです。

lluvia=ジュビア 海

llave=ジャーベ 鍵

Yの発音

例: playa ビーチ/海

1、playa(プライア) =plaia]

注・「y」が「i」に置き換えられる場合です。

2、playa(プラジャ)=plaja]
注・「y」が英語の「j」に近い音に置き換えられる場合です。英語の「jeans ジーンズ」の「j」と似ている音です。

3、playa(プラシャ)=plasha]
注・「y」が「sh」の音に置き換えられる場合です。アルゼンチンやウルグアイでよく使われる発音です。

この中で最も一般的なのは「2」のplaya(プラジャ)=plaja]です。

特に頭文字が「y」で始まる単語は、「ジャ」、「ジュ」、「ジョ」に近い発音のほうが発音しやすいです。

yo=ジョ 私

ya=ジャ もう

「LL」と「Y」の発音は同じってこと?

全ての場合が同じということではありませんが、上に挙げた例のような場合は同じ読み方ができるということです。「LL」も「Y」も同じ読み方をすることをスペイン語では「yeísmo ジェイスモ」と言います。もともと二つの文字は明確に発音が分かれていたようですが、それが時代と共に使いやすさからか統一化されるようになったようで、その現象が「yeísmo ジェイスモ」なのです。

また、ここでは一般的な発音が「2」だとしていますが、ほかの発音が間違えだということではありません。スペイン語はそれだけ地域、国によって様々な発音があり、多様性を認める言語だからです。

「LL」と「Y」の違いについてはこのビデオで詳しく説明されています。