スペインの2014年カレンダー&祝日とその意味

calendario3

スペインでは一体どれくらい祝日があるのか疑問に思ったことはありませんか。シエスタなどの習慣のせいで年中休んでばっかりのイメージがあるスペイン人ですが、以外と祝日は少なめです。一年を通じて一体どんな休みがあるのか、またその名称の意味を見ていきましょう。



スポンサーリンク


スペインの2014年カレンダー

calendario2

国の祝日の数は10日です。これ以外に各地方の祝日などがありますが、それでも少なめですね。ではそれぞれの祝日の意味を見ていきましょう。

1 de enero – Año Nuevo 新年
6 de enero – Epifanía del Señor  公現祭 (西方教会(カトリック教会・聖公会・プロテスタント諸派)において、異邦への救い主(イエス・キリスト)の顕現を記念する祝日)

18 de abril – Pascua イースター(復活祭)

1 de mayo –  Fiesta del Trabajo 労働の日(勤労感謝の日)

15 de agosto – Asunción de la Virgen - 聖母の被昇天(聖母マリアがその人生の終わりに、肉体と霊魂を伴って天国にあげられたという信仰、あるいはその出来事を記念する祝日)

12 de octubre  – Fiesta Nacional de España  – 国祭日(ナショナルデー)、イスパニアデー(o Día de la Hispanidad)とも呼ばれる。(クリストファー・コロンブス率いるスペイン船隊が西インド諸島に初上陸した日)

1 de noviembre – Fiesta de todos los Santos 諸聖人の日(全ての聖人と殉教者を記念する日)

6 de diciembre – Día de la Constitución 憲法記念日

8 de diciembre – La Inmaculada Concepción 無原罪聖母の日(聖母マリアが、神の恵みの特別なはからいによって、原罪の汚れととがを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義)

25 de diciembre –  Natividad del Señor クリスマス